くさたみの愚考


by sinkougeirai

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
お知らせ
報告
所感
愚道

以前の記事

2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
more...

フォロー中のブログ

防共新聞 ◆電子版◆
同血社 電腦瓦版
同血社主人の一艸獨語
愛倭塾瓦版=機関紙・建設乃詞=
もっこすのための熊本愛郷新聞
護國鐵拳隊長の徒手空拳

その他のジャンル

外部リンク

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧

諸君、狂ひたまへ

吉田松陰先生が残した言葉はあまたあるが、その一つに、

「諸君、狂ひたまへ」

がある。この短い言葉が明治維新のエネルギーの核になつたのではないかと思へる程、端的且つ深い。

またこの言葉の前段として

「狂愚まことに愛すべし、才良まことに虞るべし」(常軌を逸した愚か者は愛すべき存在だ。しかし、頭脳だけが発達し、理屈をこねまわす人間は、実に恐ろしい)

と述べてゐる。


その時代に於ての「常識」にとらはれてしまつては、大きな改革など到底成し遂げられないと解釈できる。


現時点での「常識」とは戦後体制そのものである。


よつて現時点からみれば、憲法改正や日本主義を叫ぶ者は、常識を逸した愚か者であるが愛すべき者である。


必然的にその者は「たつた今」を否定し「倒幕」に傾倒するので、「たつた今」は理屈をこねくりまはし弾圧を加へてくる。それを松陰先生は実に恐ろしき者と断じてゐる。


要するに「たつた今」の常識を疑ひ、それを変へたい者は現時点を支配する者から「狂」と呼ばれなければならぬ。


松陰先生の言ふ「狂ひたまへ」を愚生はその様に理解した。
[PR]
by sinkougeirai | 2011-03-08 10:36 | 所感