くさたみの愚考


by sinkougeirai

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
お知らせ
報告
所感
愚道

以前の記事

2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
more...

フォロー中のブログ

防共新聞 ◆電子版◆
同血社 電腦瓦版
同血社主人の一艸獨語
愛倭塾瓦版=機関紙・建設乃詞=
もっこすのための熊本愛郷新聞
護國鐵拳隊長の徒手空拳

その他のジャンル

外部リンク

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧

紀伊半島周遊

伊勢神宮御遷宮の年を迎へ三日間の紀伊周遊の旅に出た。

伊勢神宮は今の地に鎮座するまで、紀伊半島の様々な場所に候補地があつた。
第十代 崇神天皇の御世に皇女の豊鍬入姫命に命じて大和(奈良県)の笠縫邑(桜井市)
に御動座され、その後第十一代 垂仁天皇の御世には皇女の倭姫命に、更に丁寧に
天照大御神を御祭りする最適な地をお調べするやう命じたのである。

笠縫邑から現在の伊勢に辿り着くまで、約六十年掛かつたと言はれてゐる。
その候補地は、奈良県宇陀市(阿紀神社)⇒宇陀市(篠畑神社)⇒三重県上野市(神戸神社)
⇒三重県伊賀市(都見恵神社)⇒滋賀県米原市(坂田神明宮)⇒滋賀県瑞穂市(天神神社)
⇒三重県桑名市(野志里神社)⇒三重県亀山市(忍山神社)⇒三重県津市(加良比乃神社)
⇒三重県松坂市(神山神社)⇒三重県多気郡(竹佐々夫江神社)⇒三重県伊勢市(磯神社)
⇒三重県伊勢市(神宮神田)⇒三重県伊勢市(現時の内宮)

紀伊半島を周遊することは畏れ多くも 天照大御神の威光にふれるに似たりであり、まことに感慨深い。

伊勢のみち 車窓(まど)から見ゆる 山あひに 雲湧き立ちて 神を見えまく

名も知らぬ 山にのぼりし 聞こゆるは 風のおとなひ 友垣の声

e0170071_9425756.jpg

まづは神事
e0170071_9431727.jpg

「新橋」建設
e0170071_9434499.jpg


e0170071_9441629.jpg

まるで工兵部隊
e0170071_9444784.jpg


e0170071_9451885.jpg

「新橋」完成
e0170071_9455240.jpg

完成に御満悦
e0170071_9464364.jpg

除草作業
e0170071_9471031.jpg


e0170071_9474092.jpg

自身ではかなりの高さまで登つたつもりである。
e0170071_109735.jpg

e0170071_948370.jpg

林道散策
e0170071_9483293.jpg


e0170071_9484571.jpg

周辺は吊り橋だらけ
e0170071_949020.jpg

一枚岩
e0170071_9491671.jpg

吊り橋マニアには涎もん
e0170071_9494538.jpg


e0170071_9493186.jpg

山崩れがありこれ以上進めない
e0170071_950624.jpg


e0170071_9502126.jpg

棟梁は一目瞭然
e0170071_9503319.jpg

[PR]
by sinkougeirai | 2013-02-21 09:24